義妹のパンティーで(1)

閲覧数:5,194 ビュー 文字数:894 いいね数:2 0件

嫁の実家の人間はみんなで土曜から旅行へ出かけているのを知っていたので、鍵を持ち嫁の実家に向いました。

洗濯カゴから私のタイプではない義妹の可愛らしいピンクのボーダーのパンティーを取り出し部屋へ向いました。

まだ15歳といっても部屋は香水と若い女の香りでいっぱい。

引き出しを物色すると綿5枚ナイロン4枚、奥に隠すように横が紐になったブルーのセクシーパンティーが1枚だけ押し込んでありました。

「まだ15歳なのにこんなんはいて彼氏とやってんのかな~。最近の子はスゴい」

と思いながらパンティーをベッドに並べた。

全裸になり、洗濯カゴから拝借した、クロッチに黄色い染みが大きく付いたピンクのボーダーのパンティーを被った。

うぉ~~。

鼻が曲がるかと思うほど臭い!

今までこの家族の中では体験した事のない鼻につくツーンとした刺激臭!

マンカスはいっさいないが…。

若い娘のマ〇コはみなこんな臭いのか?

と思いながらもなぜかチ〇ポはギンギンになっている…。

俺のタイプでない義妹のパンティーで。

舐めると舌がピリピリとする…。

臭いのに我慢できなくなり、枕に顔をこすりつけ、思いっきりクロッチを顔面に密着させ楽しんだ。

枕からする甘い香りとパンティーからする臭さが混ざり合いたまらない。

洗濯したままの綺麗なパンティー達をかき集め、チンポを突き刺し腰を振りまくった。

顔を枕にこすりつけ左右に振り、頭がおかしくなるかと思うくらい臭いを堪能しました。

いつも明るく、

「お兄ちゃん」

って言うてくれてるけど、お兄ちゃん里美のパンティー被ってオナニーしてるよ。

「うぉ~~っ!!里美のパンティー臭いよ~臭いよ~」

と雄叫びに近い声を出しながら、パンティーの山に腰を打ち付け発射。

紐パンのクロッチにしっかりと精子を擦り込ませて返却。

帰りしなに義姉のセクシーなつるつるパンティーのマンカスを嗅ぎながら、やっぱり匂いが違うな~と思いながらもう1発発射!