見られていたパンストオナニー

閲覧数:150 ビュー 文字数:472 いいね数:0 0件

中学のときに住んでた家は道路に面して大きな窓のある部屋があって、広くて明るくて、自分の姿を映して見ながらオナニーできる大きな鏡もあったのでいつもその部屋で、パンストオナニーしていた。

道路からは丸見えなので窓にはカーテンをしていた。

中2の秋、学校から帰ると急いで全裸にパンスト直穿きだけになって一生懸命オナニーをがんばっていた。

鏡の中のパンストだけの自分が悶えるのをながめながら。

快感に耐えていると、ふいにごそごそ言う声が聞こえて笑い声に変わった。

窓を見るとそのときに限ってカーテンが開いたままで、同じ学校の見覚えのある1年生の男子3人がオナニー中の自分を見ながら思い切り笑っていた。

パンストオナニーするところを最初からずっと見てたらしい。

こっちは鏡のほうを向いて一心不乱にオナニーしていたのでそのときまで全く気付かなかった。

こっちが気付いたので3人はげらげら笑いながら走って逃げて行った。

次の日から学校の行き帰りなどにその3人がいるとこっちを見てくすくす笑うようになった。