友達の妹の下着で

閲覧数:278 ビュー 文字数:1104 いいね数:1 0件

このスレや下着でオナ系のスレでよくある「友達の家に泊まって姉妹の脱ぎたてパンツでオナニー」を死ぬほど羨ましく思っていたが、ついにこの前俺にもチャンス来た。

その日は飲み会で朝まで飲んだ帰りで、歩くのもやっとだったからとりあえず駅に近い友達の家で休もうということになった。

友達の家に入ると浴室からシャワーの音が聞こえた。

「家族はみんな居るの?」

と聞くと、

「親はもう仕事行ったみたいだけど、妹が朝風呂入ってるみたい」

とのこと。

こんな奇跡があっていいのか。

嬉しすぎて心臓がバクバクした。

妹は高校生らしく、その後すぐに学校へ出かけていった。

出かける前に俺たちが居る部屋の前を通った妹さんをみたが、とてつもなくかわいい。

Tシャツに制服のスカートという格好だったが、巨乳すぎて胸がプルプル揺れている。

しかもピンクのブラジャーにもう歩くだけでパンツが見えそうな超ミニスカ。

本気で夢を見てるんじゃないかとおもった。

妹さんが出かけたあと俺と友達はしばらくだべったりしていたが、ついに友達が

「悪い眠すぎるから寝るわ。お前も寝とけ」

と言ってその場で眠ってしまった。

なんというシチュエーション。

神に心の底から感謝した。

まずは洗面所へ。

妹さんの脱ぎたての白い下着をGET!

見るとブラはEカップ。

死ぬほど興奮。

パンツはクロッチ部分がいやらしくよごれていた。

俺にはかねてからの夢があったのでその場は我慢した。

それは

「可愛い子の部屋のベッドに入って使用済みパンツの匂いを嗅ぎながらオナニーすること」

本当にそれが叶おうとしている。

俺は精子が飛び出そうになりつつ妹さんの部屋へ向かう。

ピンク色に囲まれた可愛らしい部屋だ。

まずはタンスを物色。

下着を発見。

ブラをみるとFカップのサイズもあった!

タンスの下着も全部ベッドに持ち込んで布団に入る。

甘いいいにおい!

枕には髪の毛もついている。

またも神に感謝。

そして使用済みパンツのクロッチ部分をしゃぶりながらチンコを布団にこすりつける。

もう狂ったように抜きまくった。

あんなおっぱいプルプル太ももプリプリ女子高生のパンツとブラに囲まれながら、その子の汗が染み込んだいいにおいのベッドでシコシコシコシコ・・・・。

何発ぬいたか憶えてない。

もう理性は吹っ飛んで、後のことは考えてなかった。