姉貴のメスの部分

閲覧数:139 ビュー 文字数:621 いいね数:0 0件

小学5年の時、家に一人になったのをいいことに初めて姉貴のタンスを覗いた。

姉ちゃんてこういうパンティを穿いてるんだ、って想像するだけでなんかめちゃめちゃエロく感じたな~。

普段一緒に暮らしてる姉貴のメスの部分をモロに感じて…。

なんだかそのギャップに頭がクラクラする位興奮して、チンコが痛い程に勃起したよ。

思えばあれから完全に姉貴をオンナとして見てた。

初めてタンスを覗いた時は手に取っただけで辞めたんだけど、いつしか姉貴の下着でオナニーするようになってた。

パンティを使ってチンコをしごいては、そのまま下着へ射精していた。

でも当時

「実姉の下着でオナニーしている」

という行為に、射精後の虚無感や背徳感はハンパなかった。

自分自身、いつか悩んで自殺しちゃうんじゃないかって思ったほどだった。

それでも姉貴の下着でのオナニーはやめられない位の興奮を与えてくれたよ。

本当に禁断の果実って感じだな。

でもどこかに禁忌を破った、というか、何か十字架を背負ったような感があったんだよ。

黒歴史の中の黒歴史だ。

でも初めてこのスレを見た時の感動はマジで忘れない。

まぁ一般的ではないにしろ、こんなに同じ性癖の人がいたとは!

一気に胸が軽くなったんだよ。

ありがとう皆

長々しく書いてごめんね。

絶対いつか書こうと思ってたんだ。