姉の生理ナプキン

閲覧数:3,115 ビュー 文字数:863 いいね数:0 0件

今はもう嫁に言っていないが、それまで一緒に暮らしていた姉のパンティーで同じ様な事してたよ。

姉の後に風呂入るから必ずパンティーをおかずにシコれる。

考えただけで風呂入る前からカチカチに。

いつも、匂い嗅いで、しゃぶって味確認してから、シコシコして亀頭に擦り付けて最高だった。

生理が来るとさらに最高で、便所の隅にナプキン入れの確認が楽しみだった。

姉が便所入って、すぐ出てくるときは大抵替えた時だから、入れ替わりに便所入って、まだ温かいナプキン広げると、鮮血で香り付きのナプキンの香りと匂いが混じって最高に興奮した。

匂い嗅ぐ前からギンギンになっててナプキン広げた時には我慢汁出てるくらい。

さすがに血は舐められなかったけど、匂い嗅ぎながらシコシコして血の上に射精して、また丸めて元に戻す。

生理の時が一番興奮するのは間違いない。

何年間もやってて、姉好きの変態がばれてもいいやと思って、コンドームしてシコって射精して、それを結んで姉の使用済みナプキン入れに入れておいた事もあった。

全然反応なかったけど、新聞読む時にいつも俺が後ろにいるのに雌豹のポーズで読んでくれた。

あそこの匂い嗅いでシコシコ。

嗅いでシコシコの繰り返しで最高だった。

多分っていうか、絶対気付いてたと思うけど、二人とも気付かない、気付かれてないと思っている振りをするという暗黙のルールで、姉も楽しんでたと思う。

姉をシコシコのネタにすると1日何回でもシコシコできる。

1日で5回した事あるけど、4回目くらいから精液の生産が間に合わなくて、凄く少なくなるけど、亀頭はいつもパンプしてて気持ち良いんだよ。

たまに遊びに来るけど、他の家族にバレない様に姉の尻さわったりしてる。

姉と話す時はいつも姉のあそこをずっと見ながら話してると、他の家族がいないと気付かない振りしてくれながら、雌豹のポーズで新聞読んでくれる。

このゴールデンウィークも楽しみだ。