昔のナイロンパンティ

閲覧数:221 ビュー 文字数:883 いいね数:1 0件

昔の女性のパンティは、インゴムの凄くちっちゃなパンティが主流だった

今はデットストック商品でなかなか手に入らないけど、足口などゴムが露骨に効いてるやつだよ

このパンティ見たら、たとえ女が穿いたものでなくてもチンコがびんびんに立ってしまいセンズリしたくなる

昔姉が穿いてたんだけど、風呂場の脱衣籠にくしゅくしゅに小さく丸まってよく脱いであったな

その形態は丸でオナったあと丸めたティッシュのようだったな、だからオナによく使わせて貰ったよw

今の若者はかわいそうだな ゴムが効いてないなんか味気ない色気もないパンティしかなくてね 

そして昔のナイロンパンティは、クロッチ(まんこの当たる部分)の内側もナイロンだった、これがまた最高だったよ

もう一度復活させればいいのにな あの見ただけでチンコがビンビンたってしまうちっちゃなナイロンパンティを・・・

ああそれと・・・

昔あったベンベルグ(キュブラ100%)のなめらかツルツル素材のパンティーはナイロンよかいいよ

もうそれこそ「超殺人級」の気持ちよさだな・・・これでちんこしごくと精液の量がもの凄く出るよ

もう製造されてないし希少品なので、今じゃヤフオクあたりでないと手に入らないだろうな

今から25年くらい前までは、こんなパンティがごくふつうに女性たちに穿かれていたんだよ

当時は不思議とエロさなんて感じなかったな、これがふつう(当たり前)だったので・・・

逆に今のパンツがあまりにも機能性ばかりが重視されてビジュアル(色気の面)が犠牲になってしまったため、このように昔の色気あるパンティを懐かしく思うのかも・・・

それにしても、今の女性の下着類って綿素材が主流になってしまい何と味気(色気)ないものか?

しかし昨今若い女性たちは・・綿のババシャツ(昔はつるつるのナイロンスリップ)や毛糸のパンツなど

これじゃ若い男性諸君はあまりにも可哀相過ぎるよ、

俺じゃこんな下着身に付けられちゃ子供つくる気も起きないなww