パンストの快感

閲覧数:153 ビュー 文字数:1367 いいね数:0 0件

小学生のときにパンストをはくと気持ちいいことを覚えて、たびたびパンストをはくようになった。

オナニーするようになってからは、パンストをはく快感を堪能してから、オマケでオナニーもするということに習熟したので、パンストをはくことがオナニーになった。

ちんこにパンストはかせてオナニーしたり、手にパンストはかせてちんここすったりもしてみた。

気持ちよかったが、パンストをはいてパンストごしにちんこをこする。

もどかしくていやらしい快感はどうしてもやめられない。

色々なオナニーをためしたが、パンストオナニー以上のものはみつからない。

アナルオナニーをするようになったのは小6のときで、鉛筆、ボールペン、マジックなどいれて遊んでいた。

パンストが破れるのが嫌でパンストをずりさげて尻を出してアナルをいじっていた。

中学の頃、マーガリンとかマヨネーズとか使ってパンストをアナルにいれるようになった。

パンストをいれるときも出すときも気持ちよかった。

ずっとあとになってローションを自分で買うようになってからは、ローションをたっぷり使ってアナルにパンストをいれるようになった。

1足だけでなく、2足、3足いれて遊ぶようになった。

アナルにパンストをいれてからパンスト直穿きしてパンスト散歩するとずっと悶えっぱなしだった。

パンストがアナルにはいってる間はちんこががちがちに勃起して、パンストを出してしまってもしばらくおさまらなかった。

パンストのマチのところに穴をあけ、そこからちんこを出して、そのかっこうでパンスト散歩した。

ちんこをこすりながら歩いた。

いつもなら歩くだけでちんこがパンストとこすれていい具合に勃起して気持ちいいのだが、穴をあけるとこすり続けないといけないので、かえって忙しい。

パンストオナニーするにはいい工夫だが、パンスト散歩には向いてない。

アナルにナスをいれてパンストをはいてパンスト散歩した。

いくらも歩かないうちに快感に耐えられずに座り込んでしまった。

歩くたびに中でナスが暴れて、気持ちよくて喘ぎながら、たびたび立ち止まっては少しずつ歩いたが、堪らず散歩をあきらめて帰った。

帰り着いたら安心してしまって家にはいらないうちに精液を漏らしてしまった。

パンストはいて正座してちんこに電マをあてると太腿もふくらはぎも尻も尻穴もびりびり快感で、ついでにちんこも気持ちいい。

出そうになったら電マをはなして、あてたりはなしたりするうちに気持ちよくて頭がくらくらする。

2時間ほどやった。

全裸にパンストだけで鏡の前で自分のパンスト姿を見ながら、ちんこの根本をパンストごしに握った。

反対の手でサオを上下にしごくとじりじりともどかしい快感がだんだん強くなって、思わず手の動きを止める。

何もしない間も快感が続いて、おさまってからまたしごく。

何度も何度もしごいては休みして、何時間も悶えた。

アミタイツはごわごわしてちんこをこすると刺激が強すぎるけど見た目にいやらしいので捨てがたい。

やはりオナニーよりもパンストはくことがいやらしくて快感。