厳しそうな女店長のパンチラを拝みたい…!

閲覧数:405 ビュー 文字数:1461 いいね数:0 0件

俺が妹とバッグ屋へ行った時の事だけど、そこは女物のバッグ屋で店員は4人いたんだけど、みんな制服のスカートが短かく、かわいい店員が1人いたんだ。

俺は妹がバッグ選んでる間、なんとか店員のパンチラを見ようと店内をぶらぶらしていたんだ。

妹の方を見ると、店員が1人ついて説明していた。

俺がそばに行くとその店員は一番かわいい店員で、新山千春みたいな感じだった。

驚く事に名札には「店長」と書いていた。

俺は妹のバッグを探すふりをして、しゃがみ込み、かわいい店長の紺のハイソックスと生足を眺めながらパンチラのチャンスを伺っていた。

俺は何とか店長をしゃがませようと、一番下の段にあるバッグを見て

「これなんかいいんじゃない」

と言ったんだ。

案の定、店長はしゃがみ込み、バッグを取り出したが、膝を床に付けていたんだ。

俺はすぐに、その対面のバッグを指し、

「これもいいかも」

と言うと、
店長は俺の前で、しゃがんた格好で脚を開いて対面のバッグを取ったんた。

そのため、かわいい店長の、股間部分の白いパンティーがはっきり見えた。

しかし、妹は気に入らなかったらしく、反対の棚の方へ言ったんだ。

俺はバッグを探すふりをして、しゃがんでたが、店長は妹が見ていたバッグを片付け始めた。

俺は、スカートを覗き込もうとしたが、なかなか出来ないんだ。

その時、妹が棚越しに店長に話し掛けたので、店長は尻を俺の方へ突き出し、妹の方へ体を乗り出す様に、説明を始めた。

俺はバッグを見るふりをして、スカートの下に顔を付けた。

すると、女子学生のような白い生のパンティーが見事に見え、
尻の割れ目がクッキリする程、パンティーが尻に張り付いていたんだ。

妹は別のを探すため奥の方へ行ったので、店長はカウンターの方へ戻ったけど、
俺は、かわいい店長を見ながら白いパンティーを思い出していたんだ。

店長のスカートの裾は男の店員の顔の高さにあり、店員が下にいるのを気が付かないようだった。

店員は店長のスカートに顔を突っ込むように覗いてたんだ。

その店員は、真面目で大人しそうな男で、店長と同じ年位で、覗くとニヤリとし

「発注しました」

と声をかけました。

店長は下にいる店員を見てスカートを押さえながら

「間違いないわね」

と言いました。

店員が

「はい」

と答えると

「後はいいわ、 もどりなさい」

と言い作業を始めたんだ。

俺は勇気を出して店長の脚立の下を通り、スカートを覗き込んだんだ。

しかし、店長は俺が通ったのに気か付き、スカートを押さえ、俺を睨みつけたんだ。

だけど白いパンティーは見えたけど。

俺はマズイと思い妹を探し店を出たんだ。

俺はかわいい店長のパンティーにも萌えたが、男の店員が店長のスカートを覗いていた事にも興奮したね。

男は他の女子店員からは相手にされそうもな陰気な感じで、その男にいつもパンティーを覗かれているとも知らず、生足で短いスカートを穿いている店長や女子店員にも萌えた。

さらに、少女のような純白パンティーを穿いているかわいい店長が、怯えたような表情をした男の店員を厳しく叱り付けている様子と、その後に、スカートを覗かれる女と覗く男の関係になっている事に興奮した。

下着フェチ体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからのリアルな下着フェチ体験談を募集しています。汚れ、染みつきパンツが好きでたまらない下着フェチの皆さんのマニアックなエッチ体験談をお寄せ下さい!
投稿する