友人宅の姉ちゃんの部屋からパンティを拝借

閲覧数:1,385 ビュー 文字数:466 いいね数:0 0件

浪人生時代に高校時代の友人宅へ入りびった。

奴の隣の部屋の姉ちゃんの部屋があり、不在時には扉は開いていた。

乾いた洗濯物はまとめて、入口の左側の衣装ケースの上に置いてあるのを発見。

パンティを拝借し、漫画に夢中になっている友人に

「コンタクトが痛いから洗面所を借りる」

と伝え、トイレに駆け込む。

クロッチの部分の匂いを嗅ぎながら、チンコを扱き、射精時にクロッチにチンコを被せる。

ザーメンをクロッチで全体へまぶし、元の場所へ返却。

大人っぽい生地で前が透けているパンティから、コットン生地の緑色のパンティまで、奴の家へいく毎に拝借しトイレでオナニー三昧。

パンティがないときはブラを拝借し、カップに挟み、擬似パイズリや匂いを嗅いでカップに射精。

姉ちゃんは少しケバイが中々の美人。

本当は下着をユックリと楽しみやかったが、あまり長くても友人に変に思われるので、30秒から1分で射精し、元の場所へ戻し3分で戻っていた。

狂ったようにチンコを扱き射精をしていた。

下着フェチ体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからのリアルな下着フェチ体験談を募集しています。汚れ、染みつきパンツが好きでたまらない下着フェチの皆さんのマニアックなエッチ体験談をお寄せ下さい!
投稿する