コンビニのMちゃん

閲覧数:217 ビュー 文字数:2578 いいね数:0 0件

この体験談は21歳以上の閲覧制限がかけられています。20歳以下の方はブラウザのバックボタンでお戻りください。

いきつけのコンビニで働いてたMちゃん。

20代前半、大○愛似で良い身体つきとツンとした態度がそそる絶好の素材です。

歩いて仕事に来てるので家は近くと思い彼女の勤務時間を把握して張り込みしたら、歩いて5分程の古い建物が家と判明。

更に調査して3人家族で日中は比較的不在気味。

にもかかわらず洗濯物は無防備に玄関先に干されている。

玄関も狭い路地の奥で人目につきにくい場所なので、もう彼女の下着はフリーパスのようなものです。

余りにヌルゲーだったので一度白と赤の上下セットを2着狩ってやったらそれからは全く干さなくなってしまった。

残念一度盗まれても時間が経つと忘れるのかまた干しだす馬鹿女も多いので、まあ暫く様子見しようと軽く考えていたがそれから半年経っても一年経っても頑なに干さない。

そんなに自分の下着を見られた事が恥ずかしかったのか。

手元にある下着もあまり使用感の無い下着だったので、もっとよく選んで狩ってやればよかったと激しく後悔。

コンビニ行く度に彼女のエロ可愛い顔や身体を見せつけられるのでなんとかしてもう一度満足のいく結果を得たいと欲求も高まっていくが干してくれない事にはどうしょうもない。

ガードの固い女程なんとかしたくなるのが俺の性なので、ある雨の日に強行突破を試みる事に。

彼女が出勤したのを確認してから家に向かい、どこか鍵が開いてる窓は無いかと素早くチェック。

まあ普通の窓はやっぱり開いて無いんですけどね。

1ヶ所だけ倉庫だか物置だかわからんとこの窓が開いていてビビっときたので開けてみると目の前に本棚。

無理矢理動かして入った場所は予想通り物置。

だが、暖簾の向こうに2階に続く階段を発見。

これはもしかすると、もしかするかも。

階段を登り倉庫と家が中でつながっている事を確信した俺はもう脳内ヘヴン状態!

以前の張り込みで彼女の部屋は把握していたので場所的に階段登ったすぐ左の部屋が彼女の部屋。

気を落ち着かせてドアを開けるとそこには夢の空間があるはずだったが…やたら散らかっている。

ちょっと彼女のイメージとは違ったが独身の女の部屋てわりとだらしないのは他にも知っていたので気を取り直して物色。

下着BOXも発見したが可愛いけどなんかあまりエロくない下着が少々。

下着には気を遣ってないのか~とテンションだだ下がり。

せっかく危険を侵してまできたのにこれでは帰るに帰れないので他の部屋を急いで探索。

雨の日なので中干ししてるかと思ったがそれも見当たらないのでがっくり。

だがすぐにまたビビっときて猛ダッシュで風呂場に。

ビンゴ!脱衣場の洗濯籠には衣類の山!マジで宝の山に見えた。

まああれだけだらしない女だ。

雨の日が続けばまとめて洗濯するのかもしれないが、それにしても大量の洗濯物の山。

この中にエロかわ女の未洗濯下着が眠っていると思うとそれだけで絶頂してしまいそう。

もう無我夢中で山を漁った。

衣類の山は正に宝の山でした!

次々に出てくるエロかわMちゃんの未洗濯下着!

しかもそれまで見てきた下着とは比べものにならない位エロいデザインに素材。

中でもピンクの上下とライトグリーンに黒のストライプの上下はサテン生地のツルツル素材で俺の一番好きな下着!

他にもライトブルーの上下やブルーの水玉の上下、ショッキングピンクの上下は全てエメの可愛いデザインのもの。

それが全て未洗濯で手に入ったのだからたまらない。

あまり長居はしたくないので一通り漁り終えてからそそくさと退散。

車の中でMちゃんのエロかわ未洗濯下着の陵辱タイムの始まりです。

彼女はあまり香水をつけるタイプではないみたいで梅雨時の蒸し暑い気候のおかげで下着からはMちゃんの生の匂いがムンムンと伝わってきます。

Cカプのブラジャーに顔を埋めてMちゃんの汗臭いおっぱいの匂いを堪能してから一番のお気に入りのピンクのパンツを楽しむ事に。

毎日洗濯しないだらしない女だから、さぞやパンツも汚してるんだろうなとドキドキしながらクロッチを確認するも思ったより汚れてない。

どうやらオリシーを使ってるらしい…他の未洗濯下着もクロッチの部分だけ不自然に染み跡が無いので普段からオリシーを使ってるのだろう、残念。

しかし若いMちゃんは代謝が活発なのか、オリシー跡の周りには黄色い染みが広範囲にわたって広がっている。

オリシーだけでは吸いきれなかったMちゃんの恥ずかしい染みに顔を付けると香ばしいま○こやおし○この匂いが存分に堪能出来ます。

しかも多くのパンツのクロッチの前が不自然にめくれ上がってる。

間違いなくMちゃんはオナニー依存症の変態女だ。

そういえば彼女の部屋にエロ気なレディコミかあったのを思い出す。

コンビニでツンとした態度てプライド高そうに見えるMちゃんがその服の下にはエロ下着を着けていて家ではオナニー三昧の毎日を送っている。

そんなギャップを妄想して何回も抜いてやりました。

それからバイト先のコンビニに行って彼女を見た時のなんともいえない征服感と興奮はまだはっきりと覚えている。

接客の際にいつもよりガン見してやったら相変わらずの見下したような態度をとられたが、

(お前今もスケベな下着つけてパンツ汚してるんだろ?帰ったら日課のオナニーでスケベな汁垂れ流してるんだろ?変態女めw)

と心の中で罵ってやった。

ちなみに某サイトで女の偽名で友達にもなっているので、Mちゃんの方から可愛い写メやエロい身体を定期的に提供してくれるので下着で抜く時のおかずには困りませんw

そういや誰かの投稿に下着盗まれた事を愚痴ってたなww

そんな間抜けなエロかわMちゃんも暫くしてバイトを辞め今は結婚したとかなんとか。

あれから数年経ったけど今でも未洗濯下着はあの時の匂いを残したままMちゃんは俺の現役オナペットとして活躍中です。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。くれぐれも当作品の内容を真似しないようご注意願います。