無人のレンタルビデオ店

閲覧数:338 ビュー 文字数:607 いいね数:4 0件

近所にある無人レンタルビデオ店に行ったとき、夜中にも関わらず、ミニのスーツを着た女の人が1人でビデオを選んました。

その時、店内にいた客は俺とその女の人だけだったんだけど、お互い店内をウロウロするので何度かすれ違いました。

そのうち、俺はあることに気付き始めました。

すれ違うたびにスカートの丈が徐々に上に上がっていくのです。

はじめに俺が見たときは、短いながらも膝上10cmぐらいだったのに、気付いたときには、下着のラインすれすれで、少しかがむだけで赤い下着がチラチラ見えていました。

こうなると、もうビデオを選ぶどころではなく、ビデオを見るフリをしながらひたすらちらちら見続けていました。

このとき既に、俺が見ていることに気付いていたんだと思います。

スカートの裾はどんどん上がって行き、前からも後ろからも下着はほとんど見えていて、下着のデザインまで手に取るように見えていました。

とても、自然にズレ上がるような程度ではありませんでした。

下着はフチの部分以外はスケスケで、陰毛の生え方までわかりました。

結局、声を掛けることもできずにそのまま店を出たのですが、後になってから、ひょっとするともっとスゴイ体験ができたかもと思うと、とても残念な気がします。

あれから何度か同じ位の時間に店に行ってみたのですが、それ以来お目にかかっていません。